草取りと剪定をしっかりやってハイビスカス咲く美しい庭を完成させる

剪定

草取りの道具

草取りの頻度や必要性

weeding tools

一戸建てなどお庭のあるお宅で必ず必要になってくるのが草取りです。 草取りの頻度は、それぞれのお宅に生えている草の種類や日当たり、土壌環境などによって大きく異なってきます。 それでも土があれば、どんなに草の勢いが弱くても一年に一度は草取りが必要になります。 もし、草取りをしないで放っておくと、見栄えが悪くなる事はもちろん、ご近所さんから苦情を言われたり、ガーデニングをされているなら、雑草に栄養を取られて花がうまく咲かない、虫や蚊などが発生しやすくなるなど、良いとは言えません。 ガーデニング等を楽しまれている方でも草取りは面倒、と思う方も多くおられます。 しかし、きちんとした道具を用意したり、コツなどを知れば以外に簡単で早く終わる事も少なくありません。

道具や服装

草取りを始めるには、虫刺されや草に負けないように、長袖長ズボンが基本です。 虫除けスプレーや長靴、軍手、真夏であれば帽子、タオルなども必要です。 虫さされや草に負けないだけで、作業はグンとしやすくなります。 草取りの道具は、様々に便利な物があります。 例えば立ったまま使える鎌はおすすめです。 しゃがんで作業すると、足腰への負担が大きく、1時間もしゃがんでいると、立った時に腰が伸びないという経験をされた方も少なくありません。 草刈鎌というと、大きな物を想像するかもしれませんが、コンパクトで軽量タイプの商品がたくさん販売されています。 そして立ったままは何より効率が良いのです。 立って作業することで視野が広くなり、大きな動きになるので早く作業が終わります。